ディック・オーツ

・生存年:1953年4月2日 - 

・出身国:米国

・主な楽器:アルト・サックス

・主なジャンル:メインストリーム・ジャズ

・聴きやすさ:★★★★☆

 

ディック・オーツは現在活躍しているジャズマンです。

チャーリー・パーカーを彷彿とさせるそのサウンドと演奏で、数多くのアルバムをリリース、参加しています。

 

ジャズ好きな方でもあまり知られていないかも知れませんが、彼の演奏、私はとても好きなんです。

まずはアップしているお勧め楽曲(Just Friend、Moody’s Mood For Love、Old Folks、On a Sentimental Side)を聴いてみてください。

Just Friendはチャーリー・パーカーそのものですね!

その他3曲は、ジョアン・チャモロというスペインのジャズマンがバルセロナのサン・アンドリュー公立音楽学校に学ぶ若者たちを率いて結成したビックバンド、サン・アンドリュー・ジャズ・バンドにディック・オーツが参加したものです。

ジョアン・チャモロはベースを弾いていますね。その演奏する顔の表情が、私にはたまりません。音楽、まさに音を楽しんでいる、そんな演奏と表情ですね!

そしてディック・オーツのソロ。

これがまたたまりません。アルト・サックスとはこう吹くものだと、私は思います。

 

このサックスの独特な音色、チャーリー・パーカーの音色に似てますね。

実はサックスのマウスピースがほぼ同じものなんです。

ブリルハートというブランドのトナリンという製品です。詳しく言うとこの二人のマウスピースは少しシリーズが違うのですが、ほぼ同じ工場で同じ材質で作られた製品で、独特の音色はとても似てますね。

 

私もこの時期のブリルハート・トナリンを2つ所有しており、ディック・オーツの演奏を真似て吹くことがあります。

 

ディック・オーツの演奏はユニークでとても情緒的です。

ジャズ初心者の方々にも馴染みやすいと思います。

是非聴いてみてください。

 

サン・アンドリュー・ジャズ・バンドを聴いてみたい方はコチラ

ディック・オーツを聴いてみたい方はコチラからどうぞ。

 

Dick Oatts Discography

Dick Oatts

お勧め楽曲
Logo.png