Art Pepper

アート・ペッパー

・生存年:1925年9月1日 - 1982年6月15日

・出身国:米国

・主な楽器:アルト・サックス

・主なジャンル:ウェストコーストジャズ

・聴きやすさ:★★★★☆

 

アート・ペッパーは1950年代にウエストコースト・ジャズの中心的な人物として活躍したサックス奏者です。

その特徴はイケメンで聴きやすい甘い音色でしょうねー。

 

代表曲の一つの「You’d Be So Nice To Come Home To」を画像(お勧め楽曲)で選択して聴いてみてください。

力の抜けた演奏ですねー。これがなかなか演奏すると力がいるんです。

タメて吹くので、力が抜けているようで、力がいるんですねー。

ビバップの素養があるので、やはりソロの演奏にはところどころその要素があります。

この曲は白人のウエスト・コースト・ジャズの代表曲の一つと言ってもいいでしょう。

 

ざっくり言うと、やはりジャズの中心は1950年代のアメリカにあり、それも大きく2つに分類されます。

一つは東海岸ニューヨークを中心とした黒人の熱いジャズ。

もう一つは西海岸の白人のクールなジャズ。

これからジャズを聴こうとお考えの方は、西海岸からせめていかれた方が入りやすいと思います。

 

そしてもう一曲、「Everything Happens To Me」。多くのジャズメンが演奏しているスタンダード・バラッドの名曲ですが、アート・ペッパーの演奏、特にいいです!晩年のアート・ペッパーいいです!もうこれは、なんと言うか、心の奥底からひねり出して唄ってます。

僕は例えばヘッド・ホンでこの演奏を聴いていると、涙が出てきます。

画像(お勧め楽曲)で選択して是非聴いてください!

ザ・ジャズ・バラッドです。必聴です!

なお、この曲はアート・ペッパーが亡くなる前年、1981年のライブアルバム「Road Game」に収録されています。お買い求めの方は、リンクをクリック!

 

そういった意味で、アート・ペッパー、おすすめです。

聴いてみたい!というかたはコチラからどうぞ!

 

Art Pepper Discography

 

 

Art Pepper

お勧め楽曲
Logo.png